トラブル診断(要因分析 ご参考) 平成28年3月22日(火)改訂
実際は下記のように単純な要因ではなく、いくつかの要因が複合してトラブルを起こしているのがほとんどです。
原因の特定するために調査・点検等をお勧め致します。

トラブル症状 推定要因 対処法
騒 音 アンバランス・接触・漏れ・共鳴・ベアリング損傷・異物混入等 場所の特定とクリアランス等の点検 等
振 動 アンバランス・接触・共振・ベアリング損傷・異物混入 等 場所の特定と精度の点検 等
水漏れ パッキン損傷・配管緩み・本体損傷 等 場所の特定とパッキン・緩み等点検
油漏れ パッキン損傷・配管緩み・本体損傷 等 場所の特定とパッキン・緩み等点検
能力低下 本体性能低下・補器類性能低下・センサー異常 等 本体・補器等性能チェックし点検
温度トリップ クーラー性能低下・本体異常・水温高・センサー異常 等
性能チェックにより場所毎に対処
油圧トリップ オイルポンプ性能低下・油漏れ・オイルレリーフバルブ異常・センサー故障 等 オイルポンプ性能チェック等で対処
圧力トリップ 本体性能異常・バルブ異常・センサー異常 等 場所の特定により場所毎に対処
起動不能 電源不投入・起動条件不成立 等 電源の確認・起動条件の確認 等
停止不能 スイッチ故障・停止条件不成立 等 十分注意しスイッチ・停止条件の確認 等

トップページ 会社概要 営業分野 主要取引先 会社地図 工事完了実績 リンク集 お問い合わせ 採用情報 ご意見・ご感想